苫米地式コーチング認定コーチ クボトオル「苫米地英人博士の子育て本をやってみた」 おとうちゃんと貝を愛する息子のブログ

苫米地式コーチング認定コーチ クボトオル。息子が生まれた頃、苫米地英人博士の「脳のちからを無限に引き出す幼児教育」の本に出会い、活用して子育てを実践してきました。この本は最先端の脳機能科学、認知心理学等の認知科学の成果を盛り込んだ苫米地式コーチングを構築された苫米地英人博士が書いたコーチングのノウハウが組み込まれた幼児教育、子育ての本です。 息子は、2019年現在9歳になり、すくすくとすごい人に育っています。 すごいと言っても、なにがすごいのか説明しようがありません。 なんだかわからないが、ともかくすごいとしか言いようがありません。 そのため、この教育法をやって、〇〇大学に入ったとか、スポーツ選手になったとかいう、わかりやすい話はありません。それを目的にもしていません。 我が家の子育ての実践記録が、苫米地博士の子育て本に興味のある方の参考になるのではないかと思いブログをスタートすることにしました。おとうちゃんは、その後さらにコーチング理論を本格的に学び現在は苫米地式コーチング認定コーチです。 ブログを始める話を息子にしたら、自分もやりたいというので、本人がやりたい間は 時々参加してもらうことにしました。息子は、貝や魚やヘビなどが好きで いろんな生き物の紹介をしたいそうです。

カテゴリ: 造形・息子の作品

●今は宇宙好きの息子。アンドロメダ星雲ケーキを作る毎年クリスマスと誕生日は、小4の息子と妻はいっしょにケーキを作っている。これまでもいろんなケーキを2人で作っていた。マグロ・クワガタ・バイオリン・アロマロカリスといった、その時その時の息子のブームの物でケー ...

クリスマスと誕生日には家でケーキを作る息子と妻現在小4の息子ですが、工作が好きなせいかもしれませんが、ケーキを作るのも好きらしい。クリスマスと誕生日には、市販のケーキを買ってくるとこともありますがここ何年かは、2人で創作ケーキを作っている。息子は、その年に ...

●いつの間にか息子の工作部屋ができてしまった小4の息子には子供部屋はありません。学習机も無いので、勉強は居間のダイニングテーブルでやっています。子供部屋は無いのですが、和室ひと部屋がいつの間にか息子の工作室になってしまいました。息子の工作部屋はは和室で物も ...

小4息子のが誕生日を迎えたので家族でパーティをすることにしました。ここ何年か、息子の誕生日とクリスマスは、息子と妻がいっしょに創作ケーキを作っています。市販のケーキもおいしいのですが、工作好きな息子は、ケーキも自分の思った形の物を作りたいらしいです。今年は ...

●いろんな事に熱中する息子。今度は日本刀に「はまり中」小4の息子は小さい頃から、色々なものに凝ったり熱中してきました。何かに熱中して、一通りののことがわかるとまた次の興味に熱中することを繰り返しています。最近は、バイオリン本体にとても凝っていて、何冊も本を ...

●紙バイオリン世界3大名器が壁に飾ってある。(もちろん本物ではない。紙だけどインテリア風になる)写真は、小4の息子か作った紙バイオリンです。息子にバイオリンのうんちくを聞きながら、ここからの文章を書いていきます。左から、「ガルネリデルジェス」真ん中、「アマテ ...

紙粘土の野菜昨年小学校3年の息子が紙粘土の野菜を作った。かぼちゃ。ナス。サツマイモ。柿サツマイモ凹凸が本物みたい。表面の質感がそれらしいカボチャ微妙なへこみが本物みたいナス。実のふくらみがそれらしい柿。葉っぱの感じが味がある。子供が作ったものにしては、質感 ...

仙台クラッシックフェステイバルに行った息子が紙ヴァイオリンを作り始めた本物に見えるかもしれませんが紙です昨年の10月に仙台クラッシックファスティバルが開催されました。毎年週末の3日間で仙台各所のホールを使用して、仙台フィルや国内外のプレーヤーが集まり開催され ...

小3の息子は以前から厚紙を使っていろいろ作っていたが最近は飛行機のハンドクラフトをたくさん作っている。たくさん作っているうちにだんだんそれらしくなってきた。息子が一番気に入っているらしい ANA  AIRBUS A320機のハンドクラフトかなり大きい工作だ。羽の後ろには ...

小3の息子が夏ごろに書いた恐竜の絵シリーズ迫力のある野生の目。なんだこれはこの尖った物はなんだ。触ったら痛そう。この尖ったものに挟まれたらひとたまりもない。正体がわかった。恐竜だ。ティラノサウルスだ。顔には戦った傷跡も残っている肉食恐竜だ。実はこんなに大き ...

造形や工作が好きな息子。小学校3年生の息子は造形、工作が大好きらしい。小さい頃からそれは変わらない。小学校に入ったころから、造形や工作や絵ができる造形教室に通っている。この教室は大好きでさぼりたいとは言わない。本人の話だとよほど疲れている時以外は造形教室に ...

●ヴァイオリンを弾きたくなった息子がなにか作り始めた仙台クラッシックフェスティバルを聴きに行ってヴァイオリンの演奏に魅了された息子(小学校3年生)は、習いたいと言い始めた。その何日か後に、なにかひらめいたらしい。100円ショップで買ってきた厚紙や色画用紙を使 ...

●息子はまぐろを一匹まるごとさばきたい先日息子は誕生日を迎えて9歳になった。3か月前から、誕生日のパーティをどうしたいと言い出した。とくに誰を招待するわけではない、家庭のパーティだ。なにをしたいと言い出したかと言うと、「マグロを一匹買ってきて、自分でさばい ...

●3つの公演に息子といっしょに行って見た10月に仙台クラッシックフェスティバル(通称せんくら)が開催されました。今年は、はしごしようと決めていたので、3日間で7公演を私は聴きに行きました。そのうちの3つの公演は妻と息子の3人で聴きに行きました。仙台クラッシックフ ...

息子がつくったハロウィンモンスター●小さい頃から「かぼちゃ」が好きだった息子息子は小さいころから野菜が好きでした。お目目シールを貼って、よろこんでいました。お目目シールをはった野菜たちと「やったー!」その中でも、かぼちゃはとても好きで、言葉をしゃべりだし ...

●かわいい野菜の仲間たち8歳の息子ですが、小さい頃とても野菜が好きでした。今でも畑に行くのは好きです。息子が2歳くらいの頃から、息子と2人で公園に遊びに出かけた後に、食品スーパーに寄ると息子は野菜と果物を興味津々で嬉しそうに見ていました。公園で遊んでいるとい ...

息子の自由帳を見せてもらったら、いろいろ落書きがしてあっておもしろい。ブログにのせていいか本人に聞いたら、いいよと言っていたので、少しご紹介します。息子のノートに描かれていたものです。学校にいる時に描くらしいので、図鑑を見て描くわけではなく、頭の中のイメ ...

どちらが「カレイ」どちらが「ヒラメ」でしょうか。写真の上が、カレイ。写真の右がヒラメ。らしい。左向きと右向きでおおよそ見分けがつくらしいが、本当は、それだけで必ず見分けられるわけではないらしい。魚好きの息子が、100円ショップの紙とかを使ってカレイとヒラメを ...

息子が作った「かつお」 紙のハンドクラフト家に帰ってきたら、8歳の息子がまた魚の紙のハンドクラフトを作っていた。この前は、マグロを作っていたが、今度は「かつお」を作った。材料は100円ショップで買ってきて、紙を自分で切ったり貼ったりして作り上げた。上から見る ...

ある 休みの日 息子はなにかひらめいたらしく、「おとうちゃん 百円ショップに買い物に行く!」と言い出した。なにが ひらめいたかは よくわからないが 何かインスピレーションがひらめいたらしい。「なに買うの」と聞いたら「色画用紙を買うという」じゃ行こうかとい ...

先日の話8歳の息子。ある日、なにか思いついたらしく 100円ショップで買ってきた 厚紙で なにか作り始めた。じゃーん。  謎の「マグロくん」 登場。つばめかな?まんぼう かな ?写真をよこにしてみると  やっぱり魚だ                      ...

↑このページのトップヘ