苫米地式コーチング認定コーチ クボトオル「苫米地英人博士の子育て本をやってみた」 おとうちゃんと貝を愛する息子のブログ

苫米地式コーチング認定コーチ クボトオル。息子が生まれた頃、苫米地英人博士の「脳のちからを無限に引き出す幼児教育」の本に出会い、活用して子育てを実践してきました。この本は最先端の脳機能科学、認知心理学等の認知科学の成果を盛り込んだ苫米地式コーチングを構築された苫米地英人博士が書いたコーチングのノウハウが組み込まれた幼児教育、子育ての本です。 息子は、2019年現在9歳になり、すくすくとすごい人に育っています。 すごいと言っても、なにがすごいのか説明しようがありません。 なんだかわからないが、ともかくすごいとしか言いようがありません。 そのため、この教育法をやって、〇〇大学に入ったとか、スポーツ選手になったとかいう、わかりやすい話はありません。それを目的にもしていません。 我が家の子育ての実践記録が、苫米地博士の子育て本に興味のある方の参考になるのではないかと思いブログをスタートすることにしました。おとうちゃんは、その後さらにコーチング理論を本格的に学び現在は苫米地式コーチング認定コーチです。 ブログを始める話を息子にしたら、自分もやりたいというので、本人がやりたい間は 時々参加してもらうことにしました。息子は、貝や魚やヘビなどが好きで いろんな生き物の紹介をしたいそうです。

カテゴリ: 音楽・クラッシック

●息子がバイオリンを習って1年くらいたった小4の息子がバイオリンを習い始めて1年以上たちました。週に一回バイオリン教室に行っています。息子は家ではそんなに長い時間練習していませんが、毎日15分~30分ぐらいは練習しているみたいです。たまに練習しない日もあるし、30 ...

●紙バイオリン世界3大名器が壁に飾ってある。(もちろん本物ではない。紙だけどインテリア風になる)写真は、小4の息子か作った紙バイオリンです。息子にバイオリンのうんちくを聞きながら、ここからの文章を書いていきます。左から、「ガルネリデルジェス」真ん中、「アマテ ...

小4の息子は凝り性みたい息子は、昨年の秋に、仙台クラッシクフェスティバルの演奏を聞いた。その時からバイオリンに熱中しはじめた。演奏もしたいらしいので、バイオリン教室にも通い始めた。一番興味を持ったのはバイオリン本体だ。秋から冬にかけて、紙でバイオリンをたく ...

●クラッシックのコンサート会場の空間はとても快適な空間だ。なにが快適か。もちろんすばらしい演奏を聴くことも快適です。そして出演者と観客が作り出している空間がとても快適なのだ。プロの演奏者はみなさん超絶な技術をもっていらっしゃるが、そんな演奏者のみなさんが ...

●オーケストラの小中学校での演奏活動仙台フィルや演奏者の方のツイッターを見ていたら、仙台クラッシックフェスティバルの翌週から、仙台フィルはさっそく地方の小学校の演奏会に出かけていました。(仙台も地方ですが)(写真はオーケストラの参考写真)仙台フィルの年間 ...

●ヴァイオリンを弾きたくなった息子がなにか作り始めた仙台クラッシックフェスティバルを聴きに行ってヴァイオリンの演奏に魅了された息子(小学校3年生)は、習いたいと言い始めた。その何日か後に、なにかひらめいたらしい。100円ショップで買ってきた厚紙や色画用紙を使 ...

●仙台で毎年開催されるクラッシックフェスティバルを知っていますか?仙台では、毎年秋になるとクラッシックフェスティバルが開催されています。通称「せんくら」です。2019年で14回目の開催。今年は10月の週末3日間で開催されました。仙台市内の地下鉄沿線のコンサートホー ...

●3つの公演に息子といっしょに行って見た10月に仙台クラッシックフェスティバル(通称せんくら)が開催されました。今年は、はしごしようと決めていたので、3日間で7公演を私は聴きに行きました。そのうちの3つの公演は妻と息子の3人で聴きに行きました。仙台クラッシックフ ...

●クラッシックを聴くとTVCMのイメージが湧いてきて不快に思うことがある最近私は、クラッシックのコンサートによく行くので、コンサート以外でもクラッシックを聴くことが多い。クラッシックを聴いていると、どこかで聴いたことがある曲だなーと思うことがあります。みなさ ...

●クラッシックのコンサートに行ったことがありますか?こちらの記事の続きです。「IQを上げるにはクラッシックを習おう」よろしければ、こちらをお読みください。http://okinaebisu.livedoor.blog/archives/17748292.htmlロックやポップスのコンサートやフェスティバルには ...

●IQを上げるには抽象度を上げよう。抽象度については、こちらの記事をご覧ください。IQを上げるには抽象度を上げよう。息子の頭に広がる地球の歴史46億年http://okinaebisu.livedoor.blog/archives/17190162.html苫米地博士は、抽象度を上げるために、ピアノやバイオリンの ...

↑このページのトップヘ