●子育てで存分に図書館を利用させていただいた

これまで子供用の本や図鑑を借りるために市立図書館を頻繁に利用させていただきました。累計で1000冊~2000冊程度は借りたと思います。この図書館があったので多数の本を子供に触れさせることができたと思います。本当に図書館があってよかったと思います。

●本は買うことにしていた私も最近図書館を利用し始めた。使ってみたらネット取り寄せがとても便利だった

一方、私は図書館には頻繁に行っていたけれど、私の読む本は書店かネットで買っていました。新たに買い足す本は月に20~30冊ぐらいだったので、買うようにしていました。

ところが最近、本を読む時間が以前より確保できるようになり、読む本の数が増えました。また、買うのをためらう高額本を手軽に借りられるので図書館をよく利用するようになりました。

利用しはじめて知ったのですが、私の利用している市立図書館では、ネットで予約・取り寄せができます。ネット上で検索して予約しておくと市内にある6つの図書館の蔵書から最寄りの図書館に取り寄せてくれます。最寄りの図書館まで取りに行く必要はありますがとても便利です。

ウェブサイト上で、著者名、本の名前などのキーワード検索ができるので、使い勝手も良いです。アマゾンのサイトを開いて本の内容などを確認しながら、図書館のネットで検索し登録していけばよいのです。

読みたい分野や著者の本を過去にさかのぼって、一気にまとめて借りて読むことができるので重宝しています。たいてい10冊の貸し出し可能枠、ぎりぎりまで借りています。


新刊や人気本はすぐには借りられないこともありますが、どうしても急いで買いたい新刊は買えばよいので特に不便は感じません。

取り寄せも貸し出し中でなければ2~3日で最寄りの図書館に届きます。しかもネット上で取り寄せ状況も確認できます。ネットの使い勝手や実際に物が動く仕組みも、行政の仕組みとしてはよくできていると思います。利用しない手はないでしょう。
6545454
●近くの図書館でもネット利用できるか一度確かめてみたら

このように図書館の利用を始めて、なぜ今まで利用しなかったのだろうかと思いました。これまでなら本の値段を見て買うのをためらったり、買ってみたけれど実際届くと読む気にならない(いわゆる積読)もありましたが、図書館で借りる際は、ためらいなく借りる事ができるのがとても気楽です。

本の買い方も図書館で借りて1回読んでから、手元に置いておきたい本は改めて買い直すことにしました。もちろん、すぐに買いたい本は買っています。

図書館で借りて読むと、著者に印税が支払われません。貸し出しに応じて著者に何らかの支払いが発生する仕組みの検討も必要にも思いますが、無料で公的な図書館で借りることができるという仕組みが現在あるのは、読む側としては大変ありがたいです。

図書館をあまり利用されていないのであれば、ネットで予約できるかなど一度確認してみるのもよいと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
子育て情報ランキング