●日経新聞(日本経済新聞)に「子どものワクチン接種」反対趣旨の意見広告が掲載されるぐらい風向きが変わってきたかも

2月23日の朝、我が家に届いた日経新聞(日本経済新聞)に1ページ全面を使用した「お子さんやお孫さんにワクチンを勧める前に。厚労省ホームページなどから未成年接種を考える」と題する子供へのワクチン接種に反対する意見広告が掲載されていました。

日経新聞は、政治家、官僚、財界人、企業経営者や幹部といった社会のリーダーともいえる人達が必ず読んでいる新聞です。いわゆる日本のクオリティペーパーです。

意見広告の内容はこちらのサイトで読むことができます。




この意見広告は、九州で株式会社ゆうネットという会社を経営されている堤猛さんが新型コロナウイルス関連情報発信センターという運営団体を通じて発表しているものです。

新型コロナウイルス情報発信センターのホームページによれば、堤さんは、昨年ワクチン接種後に亡くなった方の近所のニュースに触れ、なんとか子供と若者のコロナワクチン接種を食い止めることができないかと考え、新聞への意見広告掲載を構想したそうです。

しかし、意見広告を掲載すると言っても、ワクチン接種に反対する趣旨の意見広告を掲載してくれる新聞社を探すのも大変だし、資金をどうするのかという問題もあったそうです。


そういった問題を乗り越えて、2021年11月30日の西日本新聞を皮切りに意見広告の新聞への掲載がスタートして、2月22日現在で地方紙29社、全国紙1社に掲載されています。全国紙の日経新聞をはじめ名だたる地方紙です。

●新聞に意見広告が掲載される意味は大きい。特に日経新聞は特別だ

意見広告なので、もちろん新聞の記事や新聞社としての意見では無いわけですが、どんな意見でも掲載することができるというわけではなく新聞社が掲載できる広告なのか審査するわけです。新聞社としては内容に同意や賛同することを意味しないが、一つの意見としては成り立っていることを認めているとも言えるわけですから、新聞社の意見広告に掲載される意味は大きいのです。

しかも、日経新聞は、政治家、官僚、財界人、企業経営者や幹部といった社会のリーダーともいえる人達が必ず読んでいる新聞です。いわゆる日本のクオリティペーパーです。その新聞に掲載される意義は大きいのです。日経新聞を読んだ方は、「えー。まさかワクチン接種に反対する広告が日経新聞に掲載されるの。本当か」と目を疑ったことでしょう。もしかしたら、子供のワクチン接種に反対する民意は相当強いのではないかと思ったかもしれません。

●意見広告掲載のため2億円以上の寄付が寄せられているそうです

堤さんは、最初は自前の資金を使って意見広告を掲載していたそうですが、早々に資金は尽きてしまったそうです。何とかこの活動を続けたいということで、寄付を募ることにしたそうですが、それに賛同して集まった寄付が2月22日時点でなんと2億円以上にのぼり、多数の新聞への掲載につながっているそうです。

子供のワクチン接種反対の意見広告掲載の活動に、市民から2億円以上の寄付が集まるというのもすごい事です。ワクチンを打たない方がよいと知っている人でも、現在の人間関係を壊してしまう恐れもあるので、なかなか知り合いにも直接は伝えづらいものです。新聞の意見広告に掲載するのは多くの人に知らせるのに良い方法です。寄付することを通じて、知らせてあげたいという賛同者の気持ちが強いのでしょう。

地方の一企業の経営者が、とにかく運動をスタートしたことで、賛同者が現れてここまでの事ができているのはとてもすごい事です。先日、堤さんが出ていた動画を見ていたら、俺ならできるという強い気持ち(エフィカシー)をお持ちなのだと思いますが、とても謙虚な雰囲気をもっている方だなー思いました。それはとてもすごいことだと思います。それも賛同者がたくさん集まる秘密かもしれません。

●子供のへのコロナワクチン接種はやっばり止めておいた方がよいと思う。とにかく慌てるな

これまでの地方の新聞紙に掲載された意見広告に対して、賛同するメッセージは来るそうですが、反論や抗議はほとんど来ないそうです。反論と抗議が来ない理由として、厚労省の情報やデータを元に書かれていることもありますが、多くの人がうすうす思っていた事(ワクチン打たなくてもいいんじゃないか。特に子供は)が書かれていたためということもあるかもしれません。

多くの人が、ワクチン打たなくてもいいんじゃないのかと、うすうす思っているとしたら、これまでは、周りがみんな打つから自分も打つという風潮もあったと思いますが、何かをきっかけに、「みんな打つだろうと思っていたけれど、実は誰も打たなくなっていた」ということもあるかもしれません。

3月から5歳~11歳の子供のワクチン接種がスタートします。私の意見としては、ワクチン接種は止めておいたほうがよいと思いますが、周りの人がみんな打つからとか、早くしないと品切れしてしまうのではないかという理由で慌てて接種するのは特にやめておいた方がよいと思います。

日経新聞を購読していない方も、ぜひ意見広告を読んでみてください。

意見広告2
意見広告3
(※こちらの貼付画像は日経新聞の版ではありません。それ以前の版です)


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

子育て情報ランキング