●宇宙に興味の無かった息子だが.......。興味をもったらどうなった?

小4の息子は小さい頃は宇宙に興味を持っていなった。息子に宇宙に興味はないの?と聞いたら、「宇宙よりも地球に興味があるタイプなんだー」と言っていた。

今年の8月頃から小学校の課題で星空を見に行ってから急に宇宙に興味を持ち始めた。
その後、子供用の天体望遠鏡を買って星を見たり、天文台に行って星の観察をしながら興味を深めていた。

(その話はこちらのブログです)





息子は、急に宇宙に興味を持ったので、9月~12月の4か月間で望遠鏡で星を観察するのと同時に、図書館から宇宙や星に関する本や図鑑を30冊ぐらい借りてきて、自分で読んだりお母さんに読み聞かせしてもらっていた。宇宙マンガも繰り返し読んだいた。

ユーチューブにもたくさん宇宙に関する動画があるのでそれも見ていた。
小4の息子には、ブームがあるようですが、ここ何か月かは宇宙プームだったらしい。
ブロックで宇宙ステーションを作ったり、紙工作でロケットを作ったりして楽しんでいた。



●興味を持つと子供の知識は一気に増える

息子の様子やしゃべる事を聞いていたら、宇宙や惑星、ロケットや宇宙ステーションといったことの知識が日々増えていることはわかっていたが、先日とてもビックリするできごとがあった。

息子が図書館で「星・星座のクイズ図鑑」(学研)を借りて来た。



星と星座のクイズが100問ある。息子は一回この本を読んだからかもしれないが、この本からクイズを出してみたら次々と答えていくので、とてもビックリした。
子供用のクイズだと侮ることはできない。大人でも知らないようなクイズが星や星座のクイズばかりなのだ。
たとえぱ、こんなクイズ●「太陽系最大の火山があるのは?どの星」●「天の川」の星の数はいくつある。これは大人でもよほどの天体マニアでないと知らなそうだ。
こういったクイズを息子は次々と答えていったので、とにもかくにもビックリした。

「太陽系最大の火山がある星は?とか天の川の星の数は?」とか中学、高校、大学の受験にも出そうもないので、単に学校の勉強という意味では、ほとんど無駄知識とも言える。
学校の勉強としては無駄知識なのですが、無駄知識をたくさん知ってることがすごいというか驚きだったのだ。

それにしても、子供が興味を持ったときの知識の習得スピードでは本当に驚く。たった数か月で一般的な大人を飛び越えてしまうような知識を習得してしまう。

息子の場合は今回は宇宙でしたが、子供が何かに興味を持ったとき、実際にそれを体験してみる。そして書籍や図鑑、マンガや動画などの情報を片っ端から提供してあげると、一気に知識を習得することができることがよくわかります。

9997865652


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

子育て情報ランキング