●「脳の力を無限に引き出す幼児教育」という本

苫米地英人博士は250冊以上の本を出版されています。私は苫米地式コーチング認定コーチでもあるので、苫米地英人博士の日本語の著書は、ほとんど全て持っているし読んでいます。

苫米地英人博士の著書は繰り返し読んでいる本が多いのですが、その中でも一番回数を読んでいると思う本がこちらです。数えたことはありませんが、100回以上は読んでいると思います。

●「脳の力を無限に引き出す幼児教育」という本です。



紙の本はすでに絶版となっていますので中古流通のみですが、Amazon Kindle版で読むことができます。また、Kindleのunlimited(有料。指定書籍読み放題)に登録していれば、追加料金なしで読むこともできます。

こちらはKindle版
0歳から5歳の幼児教育
苫米地英人
コグニティブリサーチラボ株式会社
2015-08-30


この本は、コーチングのエッセンスが組み込まれ将来子どもがなりたい自分になるために「親としてどうあるべきか」「親として子どもにどう接したらよいか」というテーマについて、コーチングの専門用語を最小限にしてシンプルにわかりやすく書かれています。そのため、子育ての軸として何度も読んで活用することができるわけです。

題名に「0~5歳で決まる」とい書いてありますが、書店で目を引くために出版社のキャッチコピーとしてそのような副題がついているだけで、内容を読むと、5歳までに決まってしまうとは書かれてはいません。もちろん、5歳までにやった方が良いことは書かれていますが。

単に学力を上げるためとか、IQを上げるための方法が書いてあるわけではありません。
子供が自分の夢を決めて自分で歩んでいけけるようにする。あらゆる可能性を維持するために親としてした方がよいことが書かれているのです。
幼児教育に限らず子育て全般、そして親として自分の人生を刷新していくために長い期間読んで活用できる本です。苫米地博士の著書の言葉を引用すると

(引用開始)
子供の教育、子供の未来に熱心な親ほど、子供のことを真剣に考えるあまり、「この方法はどうかな」「あの方法も効果がありそうだ」といろいろな情報をむやみに収集し、厖大な情報に振り回されてしまいます。

その結果、「結局はどの方法が正しいのだろう?」「いったい子育てはどうすればいいのだろう」という悩みやストレスを抱えてしまっているのではないでしょうか。そんな親御さんたちに、まずはこう言いたい。「子どもの教育について、もう悩まないでください」と。
(引用終了)


子供の教育について、もう悩まないでくださいの言葉を聞いたら読んでみたいと思いませんか。

この本は、現代に暮すあらゆる人にお勧めすることができます。私のブログの中でも繰り返しご紹介させていただいていますが、子供を持つ親や教育関係者に一読を強く推奨します。

ひとつ残念な点は、この本がすでに書店の店頭には並んでいないことです。子育てや教育に関して世の中では、次から次へと新しい本が出版されていくので、何年か前に出版された本は店頭から消えて行ってしまうのです。

様々な著者から新たに出版される本も、どれも良い本なのでしょうが、繰り返し読んで教科書的に活用できる本は限られるでしょう。この本はいつでも手の届く場所に置いておくとよい本だと思います。

こちらのブログ記事もよろしければどうぞ

twitterも見てね
https://twitter.com/kubo8tooru

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村


子育て情報ランキング

ブドウ