●いろんな町に住んだが仙台は抜群に住みやすい

私が生まれ育ったのは、長野なのですが、その後大学や仕事の関係でいろんな町に住みました。社会人になってから10回以上引越しをしています。住んだ事のある町は、横浜市、さいたま市、千葉市、水戸市、福島市、仙台市など。現在は仙台市に住んで7年ほどです。その前に住んでいた時と合わせると累計15年ほどになります。

首都圏の県庁所在地にほぼ住んだ事になり、いずれもよい場所でしたが東京都民にはなったことがない事に気づいたので、数年前ふと、妻に「今度東京に住んでみる?」と言ってみました。

すると妻に「私は仙台がいい」と言われました。妻は以前東京に住んでいたのですが、仙台が気に入っているようです。
1235340_s
              (伊達政宗像)
私は、首都圏での暮らしもよいと思いますが、首都圏と仙台の両方に住んだ経験から住環境や子育て環境を総合的に考えると、仙台暮らしの満足度は高いのです。

東京でも、いくらでもお金をかければ、便利な場所に広々とした住居を構えて快適な交通手段を利用することもできるでしょう。しかし、便利な場所や使えるお金は限られているわけですから、それができる人はひとにぎりでしょう。

同じ金額を使うのであれば、仙台はより快適に暮らすことができると思いますもちろん、これはあくまでも私や妻の主観ですが仙台が住みやすい、暮らしやすい。また子育てにもちょうどよい理由をお話します。
1243141_m
                        (仙台市中心部を望む)

●仙台暮らしの満足度が高い理由
1.仙台は都市機能がひと通りそろっている。ほどよい都会

①県庁所在地なので行政手続きは近場で済む


②都市銀行や大手証券会社の支店もだいたいある


③文化、教育、エンターテイメント関連の施設、団体がそろっている。

博物館、美術館、科学館、天文台、動物園、水族館、コンサートホール、交響楽団、大学、ブロ野球、Jリーグ球団など首都圏の場合は、施設の立地が広域でなおかつ、混んでいたり、チケットが取りにくかったりする。それに比べると仙台は、施設の立地がコンパクトにまとまっているし混雑も緩いようだ。

④市街地でも樹木や自然が多いし、郊外はさらに自然が多くゆったりしている。
都市と自然のバランスがほどよい。

3494369_s
      (広瀬川遊歩道。散歩や散策にちょうどよい)
⑤ひと通りの医院がある。東北大学病院もある。
あまり田舎だと医院が遠かったり診療科目が少なかったりするが、仙台ぐらいの都市であればひと通りの医院がある。いざと言う時は東北大学病院などの大型病院もあるので安心感がある。
7986452
⑥一年中、祭りやイベントをやっている。
青葉祭り、仙台七夕、ジャズフェスティバル、クラッシックフェスティバル、駅伝、光のページェントなど年間を通じていろんなイベントが行われている。
3553683_s
            (光のページェント)
3416624_s
             (仙台七夕)
16978564
(仙台クラッシックフェスティバル。3日間思う存分クラッシックが堪能できる)
2.買い物が便利
特殊なブランドでなければたいていの買い物は事足りる。大型書店もある。町の中心部以外にも、郊外に大型ショッピングセンターやホームセンター、ドラックストアなど様々な商業施設があり、東京に比べ駐車スペースや売場面積もゆったり取られているので快適。アマゾン等のECを併用したら全く不便はありません。
7894564512
             (仙台駅前)
3.通勤が楽 (これは住めばすぐに実感できるでしょう)
中心地に電車やバスで通勤している人は、地下鉄沿線のマンション、アパートであれば30分程度、
郊外の一戸建てに住んで1時間程度といったイメージでしょうか。

通勤時間帯は電車は一時的に込み合うが首都圏に比べたらたいしたことがありません。
電車も乗っている時間が短くて圧倒的に楽。これに慣れてしまうと、東京の通勤ラッシュと通勤時間は全く信じられません。
また、郊外では自動車で通勤している人も多いのです。

電車でも自動車でも圏に比べたら通勤はだんぜん楽であることは間違いないでしょう。

79465465
          (市内中心部)
4.都会の割りに家賃が安い。同じ値段であれば東京より占有スペースが広い
地価の違いが値段や占有スペースに反映するのでしょう。

少なくとも東京と比べたら同じスペースであれば賃貸マンションやアパートの家賃も相当安い。
駐車場も少し郊外に行けば安くなる。


②チェーン店のカフェの座席スペースも広い。
東京のカフェより仙台のカフェの方が同じチェーンでもスペースが総じて1ランク広いように思う。

③郊外のコンビニは駐車場が広い

首都圏であればちょっとした食品スーパーくらいの駐車スペースがあったりする。

いろいろな場面で、東京よりゆったりとスペースが取られているので快適。
逆に考えると、東京に住んでいると当たり前と思っているかあきらめていると思いますが、東京は値段の割に一人当たりのスペースが狭いのです。

7864513546
5.新幹線を使えば東京は近いし、新幹線の移動は快適
東北新幹線はやぶさ号でおよそ1時間30分。東京に用事があってもイージーアクセスできる。

リモートワークが広がり通勤と言う概念が変化してくると仙台に住んで用事のある時だけ東京に行くというあり方もあるかもしれませんね。
6795345
             (新幹線はやぶさ)
6.地域の人間関係は総じて都会的
仙台の中でも住んでいる場所や住居形態によっても違うのでしょうが、首都圏での生活と感覚的には違和感はありません。首都圏の感覚とあまり変わらずに生活できると思います。仙台の方は総じて、やさしく穏やかな方が多いように思います。
764597546
7.子育てにはちょうどよい環境(これは特に強調したい)

①都市と自然のバランスがちょうどよい
都市の便利さも享受できる一方、仙台から少し郊外にでれば海、山、広い公園という自然に触れあえる環境がある。これは子育て環境としては魅力があります
794561345612
(みちのく湖畔公園はとても大きい。四季折々の花がきれい)
CIMG4283
(みちのく湖畔公園で野菜の収穫)
アスレティック
(県民の森でアスレチック。かなり大規模な施設)
なし2
(利府に行けば梨狩りもできる。山形まで足をのばせばリンゴ狩りもできる)
7945612456
(海が近いので釣りもできる。仙台港は釣り広場が整備されているので子供も気軽に釣りが楽しめる。写真はワタリガニ)
松島
           (松島も気軽に行ける)
②子供と行ける文化・レジャーのインフラが多い
博物館・科学館・美術館・天文台・動物園・水族館・青葉城・東北大学理学部博物館・交響楽団といった子供と行ける文化インフラが多い。

図鑑や本などで見たり学んだ事をリアルで見たり体験できる場所や機会があることは、子供の成長にとってよいことだと思います。
八木山動物園1
      (八木山動物園。トラやライオンもいるよ)
水族館
      (うみの杜水族館もあるよ。)
CIMG9800
(伊達政宗ゆかりの青葉城に行けば、伊達武将隊にけっこう会える。
歴史上の人物を身近に感じることで歴史への興味が広がる)
スタジアム
      (サッカー ベガルタ仙台の試合もみれるよ)
②習い事もいろいろある
ピアノ、バイオリン、スイミング、サッカー、工作絵画などいろんな習い事の教室がある。やりたい習い事があれば教室は見つけられる。
学習塾はよくわからないが、塾の看板はたくさんあるので学習塾も特に不自由しないのだろうと思う。
6895321
③公立学校中心の教育環境

私立の学校もありますが、将来大学を受験するにしても高校までは公立に行く人が多いようだ。公立で進学してゆけば授業料は私立より少なくてすみます。
したがって中学受験する人は一部のようだ。仙台に住んでいると、東京で広く行われている中学受験はピンとこないのです。

8.暮らしやすい気候
東北地方ですが、冬でもあまり雪は降りません。真夏も海が近いため30度を超えることはあっても、
35度を超えることはまずありません。夏も東京に比べたら快適に過ごせると思います。
3529242_s
           (街の中心部は木が多い)
9.レジャー
①ゴルフ天国
仙台周辺にはゴルフ場が多数あります。料金も首都圏に比べると割安です。一人で行ってもラウンドてきるゴルフ場もあり気軽に楽しめます。そして何よりよいのが、近くにあることです。
市内から車で1時間程度でアクセスできるところにゴルフ場が多数あります。東京から1時間以内のアクセスのところは、かなりの高額コースでしょう。仙台では気軽なレジャーとして楽しめるでしょう
golf-1284011_1280
②スキー場も近い
仙台の近くにもスキー場もありますし、少し足を伸ばせば蔵王などの大規模スキー場もあります。東京からスキーに行くのと比べると、とても手軽ですね。
蔵王の山
            (山形側からの蔵王の山)
③秋保・作並温泉で日帰り入浴もできる
東京でも、最近は大型の入浴施設がありますが、箱根とか草津といった温泉場に行くにはかなり時間がかかります。仙台市内には、秋保・作並という本格的な温泉があります。
秋保・作並温泉には日帰り入浴のできる施設もあるので、温泉が好きな方はとても楽しめるでしょう。
また、岩手、福島、山形にも多数温泉地がありますので、そこまで足を伸ばすのもよいでしょう。
468945642
(番外)仙台空港の国際線がもっと多くなるとなおよい
飛行機の国内線はたいていの場所に飛んでいるのでさほど不便はありません。仙台空港の国際線は少ないです。この点は、羽田や成田の利便性にはまったくかないません。国際線の拡充は望まれるところです
658470_s
           (仙台空港)
このように、仙台暮らしのよい点がたくさんあります。首都圏在住の方も、観光で仙台に行くのもよいと思いますが、仙台に暮してみることを想像してみるのも面白いと思います。

●東京はあまりに都市が巨大すぎて、やはり地震が怖い。

仙台は東日本大震災と復興を経験している
住んでいて安心感があるのは、仙台が東日本大震災の地震と復興を経験していることです。
私は地震があったときは、ちょうど仙台に住んでいなかったのですが、仙台も地震で甚大な被害があったわけです。被害は甚大であったわけですが、徐々に都市の機能は回復し、復興することができたわけです。

日本に住んでいる限り、いつどこで地震があっても不思議ではないですが東日本大震災と復興を経験している仙台は暮らしている個人してはある程度の安心感があります。というのは地震が発生しても仙台は都市全体の機能は時間を追うごとになんとか回復できるだろうという事が想像できるからです

首都圏の大地震はやはり怖い
たまに新幹線に乗って東京に行くのですが、大宮あたりから東京まで住宅やビルが延々と続いています。さらに神奈川まで大都市が続いているわけで、首都圏の大都市はあまりに広く巨大です。
東京にいる時に地震がおこったら一体どうしたらよいかどうなってしまうのかと思ってしまいます


関東大震災からほぼ100年経って、東京の人口、ビルなどの都市の規模もその当時とは比較にならないほど巨大。世界の中でもこれほどの現代巨大都市が大地震に遭遇するという経験は皆無。
実際どうなってしまうのかは専門家でもなかなか正確には予想できないでしょう。もしくは、被害が大きすぎてはっきり言えないのかもしれません。

近未来に高い確率で首都直下型の大地震が発生すると言われていることは多くの人は知っていますが
東京に住んでいて地震の起こった時の事をいつも考えていたら怖くて暮らせなくなってしまうので、あまり考えなくなるのかもしれません。

しかしどこまでも巨大都市が続いている首都圏は避難できる場所も少ないし、中心地までの距離が長いですから、周辺地域からの救援もしにくいわけですからやはり地震災害に対してはとてもリスキーに思えます。
tokyo-4358758_1920
 (東京はいったいどれだけビルがあるのだろうか)

地震災害でのリスクは分かっていても東京や首都圏にたくさんの人が住んでいるのは、単に元々住んでいるとか。ビジネスが活発なので仕事の関係とか。都市の活力や利便性があって魅力があるとかいった理由なのでしょう。首都圏の魅力は私もよくわかるし、将来また首都圏で暮らすこともあるかもしれません。


また、国会議員や国家官僚や有名人、知識人、マスコミ関係者といったオピニオンリーダーの方も大多数が首都圏に住んでいるし、その方たちで地方に移住したほうが良いと言ったり、実際地方に移住する人も限られているので何となく、東京に住んでいても大丈夫ということになっているのかもしれません。

でも、冷静に考えてみると、首都圏の方が仙台より地震の際の災害リスクも相当に高そうです住みやすさ、暮らしやすさという点だけでなく地震災害時のリスクを考えても仙台暮らしはとても魅力があると思います。

コロナウイルスの影響後、リモートワークが定着しつつある分野もあるようです。そうなると首都圏でも東京のオフィスに通わなくてもよくなるといった変化も将来的にはあるかもしれません。

そういった時代の変化の中で、現在首都圏に住んでいる方も仙台に観光に行くのもよいですが、仙台といった地方の都市に住んでみるのを想像してみるのもよいかもしれませんね。
想像するのは自由ですから。
6759642
   (東京はどこまでいっても都会。あまりに都市が大きい)

twitterも見てね
https://twitter.com/kubo8tooru
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

子育て情報ランキング