●小さい頃から魚が好きな息子

小学校4年生の息子は小さい頃から魚が好きだった。水族館や市場にもよく行った。そのせいか、魚をおろすのも得意で、食べるのも好きだ。

昨年の誕生日には、カツオをまるごと一匹おろしていた。

その時のブログ記事


先日、休みの日に、私はカツオの刺身が食べたくなった。息子に「カツオのサクを買うからスライスして」とお願いしたら、息子は「いいよ」と言っていたので息子と図書館に行った帰りにスーパーに寄ることにした。
鯛1

●スーパーで立派な鯛を見つける。

スーパーに着いた。私は、刺身の売場でカツオの切り身を探していたが、息子が近くにいない。
イヤな予感がした。息子がおとうちゃんこっちに来てと言う。
「この鯛すごいでしょ。これ買おう」と息子が言う。
鯛3

いつも息子は魚売場にくると、目をキラキラさせて魚や貝、カニとかを物色している。大きな鯛を目にして息子の目が更にキラキラしている。

息子は買って、自分でおろすつもりだ。
私はカツオを食べるつもりだったし、大きな魚を買って帰ると妻がいい顔をしない。なぜなら、大きな魚をおろす時は包丁も使うので、息子がやっている間注意して見ている必要があるし片付けも大変なので、妻は大きな魚を買うのはたまにしてほしいのだ。そのため、鯛を買うのは止めておこうと思った。

●コロナ騒動の影響で養殖の鯛が安い

それでも、「この鯛これで980円だよ。めちゃくちゃ安くない!」と息子が言う。
確かにこの大きさで、980円はとても安い。普段の半値のイメージだ。おそらくコロナ騒動で出荷できない間に養殖の鯛が大きくなって、しかも在庫がだぶついて値崩れしたのだろう。

息子は、鯛を買っておろす気満々だ。値段もとても安いので、カツオを買うつもりだったが結局、鯛を一匹買って帰ることになった。

家に帰ってきたら、息子はおかあちゃんに、「鯛買ってきたよ」と見せびらかしている。
鯛2

●ユーチューブを見て予習を始めた息子どう考えても親より詳しい

そしてユーチューブで「鯛のおろし方」の動画を見て予習を始めた。もともといろんな魚のおろし方を息子は知っているが、やはり鯛独自のノウハウがあるらしい。

私も妻も、大型の魚のおろし方は知らない。昔は、誰かが教えてくれないと、大型の魚をおろすことはできなかったと思うのですが、今はユーチューブで動画がたくさんあるので、子供でもその気になれば
動画で学習することができるのだ。


魚のおろし方は息子の方が親より圧倒的に詳しい。しかも、手際もよい。

●なぜ魚をスイスイおろせるのかとっても不思議だ

そして、息子は鯛をおろし始めた。
4鯛
鯛を洗って、鱗取りで鱗を取る。

鯛4
鯛の背びれは、尖っていて刺さると危ないので、最初にハサミで切っておく。

鯛5

とても手際よく、進んでいく。包丁は、息子が砥石で磨いて手入れしているので、切れ味がよい。

息子が、昨年カツオをおろした時も、この人はなんでこんな事がスイスイできるのだろうと思った。
今回も何も教えていないがすいすい進んでいく。

そして出来上がった。鯛しゃぶだ
6鯛
結局、「鯛しゃぶ」にすることになった。

息子は刺身にしたかったらしいが、鯛の皮の処理がよくわからなかったので最終的に、しゃぶしゃぶにすることになった。

●鯛をおろすのは達成感があるようだ

見事な出来栄えだ。とてもうれしそうにしている。やはり、鯛をおろすことができたのはとても達成感があるようだ。

自分の子供ですが、とってもすごい。なぜ、スイスイと鯛をおろすことができるのかさっばりわからない。


でも、息子は本当は刺身にしたかったらしく、その後ユーチュブの動画で皮の処理とか、やってみてうまくいかなかったところを復習していた。「おーそうなのか。なるほど」とか言っている。研究熱心だ。

●息子が作った鯛しゃぶを食べる幸せ

息子が作った「鯛しゃぶ」を家族でおいしく食べた。子供が作った鯛しゃぶを食べれるなんて。とても幸せだ。

それにしても、小さい頃から息子は魚好きでしたが、いつの間にか魚をおろせるようになっていた。親はできないし、誰に教わったわけでもないのに、ユーチューブを見ていたらできるようになってしまったのが今風だ。

包丁を使うので、子供にやらしてあげるかは親の考え次第ということになりますが、魚まるごと一匹で売っているし、ユーチューブを見たらやり方もわかるので、その気になれば子供でもできる時代にはなっていますね。

ちなみに、こちらは1年前にカツオをおろしたときの写真
CIMG2293


twitterも見てね
https://twitter.com/kubo8tooru

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
子育て情報ランキング