休校期間をエンジョイしていた息子

小4の息子が通う小学校も2月末から5月いっぱいのおよそ3か月間コロナウイルスの影響で休校になっていた。その間は自宅やその周辺での暮らしになっていた。

学校にも行けないし、遠くへも行けないのですが休校期間中息子は毎日楽しくすごしていた。本人に聞くとそう言っている。

学校が嫌いなわけではなく、学校も楽しいらしい。しかし、休校期間中、出かけられる場所に制限はあるが、毎日自分の好きな事をして過ごせるのが最高だったらしい。

息子はテレビゲームはやらないし、テレビも見ないのでゲームやテレビに熱中していたわけではない。勉強はおかあさんと時間を決めてやっていたがそれ以外の時間は彼の好きな事をやる時間になっていた。
6895321

休校期間中は好きなことに没頭する時間だったらしい

なにをしていたかというと、バイオリンを弾いているときもあるし、紙で使ってバイオリンの工作もしていた。

本物のバイオリンにニスを塗ったりもしていた。ニスの配合によって音がどう変わるとか、うんちくを長々と語っている。バイオリン本体やパーツについての本や雑誌。ユーチューブの動画を見て彼のバイオリン本体についての探求がどんどん進んでいった。

工作をしたり雑誌や漫画も好きなだけ読んでいた。好きな事にのめりこむには丁度よい時間だったようです。
バイオリン本

そして幸いな事に、家の近くに野山があります。息子は家の中での活動に飽きると、野山に走りに行ったり遊びに行ったりしていました。(広大な野山なので、人が密集することはありません)
こういう時は、子供にとって自由に走り回れる自然が近くにあるというのはとってもラッキーなことです。恵まれた自然環境に感謝です。ちなみに6月の今ぐらいの時期はウグイスが鳴いています。

息子と過ごす時間がたくさんあってうれしかった

私は普段でも息子と接している時間は長い方だと思いますが、息子の休校期間3か月間は、息子は家にいるので、普段に増して息子と接している時間が増えました。

こんなに息子と過ごす時間が多いのは、幼稚園に入る前以来。長期休校は予想外の出来事でしたが、思いがけず息子と過ごす時間が増えたのは私にとってもうれしい出来事でした。
5697865
息子が作った紙バイオリン

一日中息子の相手をしている妻はすごい

息子は自分の好きなことには時間を忘れて没頭しているのですが、学校のプリントのような勉強はなかなか長い時間続けません。すぐ違うことをやりだします。それに付き合って勉強を見ている妻はすごいなー。

そして息子は、好奇心が旺盛でいつも何かしているし、一日中しゃべっています。しゃべり続けているという表現が適切もしれません。一日中しゃべって活動している息子といっしょに過ごしている妻はすごいなー。と素直に思います。妻に感謝。

息子は休校期間をとてもエンジョイしていたので、休校期間が終わるのをけっこう残念がっていました。でも学校が始まったら、喜んで学校に行っています。学校の友達に会えるのも楽しいらしい。

息子をみていると、学校に行っても、休校でもどちらにしても楽しく過ごせるので、すごいなーと思います。

twitterも見てね
https://twitter.com/kubo8tooru

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
子育て情報ランキング