〇学習丸投げした相手にさらに課題を課すのは変だよなー

学校休校が長期になっている。今後学校が再開されても
分散登校も検討されているので、
登校日数や登校時間はこれまでより少なくなりそうだ。

小学校では、素早くオンラインの授業を整えた学校も一部あるようだが、
ほとんどの小学校では自習のプリントの課題が出されているようだ。
息子の通う小学校もそうです。

実態としては現在、学校教育はストップして
教育は家庭に丸投げの状態になっているわけです


学校や学校の先生も今まで遭遇したことの無い事態なので、
どうしたらよいかわからないし、上部組織からの指示もあるので
とりあえず学習プリントを作って配布しているということだと思います。

文科省は大量の学習プリントの課題を出すことを
心底良いことをしていると思っている節もあります。

また、「学校や先生によってはご家庭に頻繁に電話する等して綿密に
コミュニケーションをとっているが、残念ながら取り組みが弱い学校がある」
といった様に、一部のよい例をことさら強調して、取り組みが弱いのは
学校現場の責任だと、責任回避している風もあります。

そのため、個別の先生や学校を批判するつもりはありません。

息子の通う学校の課題プリントはたいした量ではないので、
さほど負担になっていないのですが
学校によっては、学習プリントの課題が大量に出されているケースもあるようです。

学校から課題が出てありがたいと思う方もしるかもしれませんが
校は家庭に教育を丸投げにしているわけだから
余計なことをしないでほしいと思っている方も多いのではないでしょうか。

school-3994220_1920

〇休校期間中は主(学校教育)と補助(家庭教育)が入れ替わった

〇通常は小学校の学習は、
主が学校。
補助が家庭学習。


中学受験で実態として塾での学習が中心になっている場合でも
学校が主であることには変わりないでしょう。

〇それが現在は、
主が家庭学習
補助が学校。

という主と補助が入れ替わった特殊な状況になっています。

実際は家庭に教育が丸投げになっていますから、
補助というより実質的には無なのです。

〇主の家庭の方に、プリントを課す学校の不思議


主が家庭になっているのに、補助の学校がなぜか主の家庭に
プリントを課してくるという妙な状況になっているわけです。

※この状態を良いことをしていると思っているらしい
文科省の感覚はとても不思議ではある

我が家の事で考えると、学校休校しているので家庭で教育でしている。
といっても、妻が子供の勉強を見ている。
スタディサプリは有料で契約しているし、ネット環境や端末もある。
妻は勉強を見てあげることもできるのでなんとかなっている。
といっても妻はとても大変だ。

妻に話を聞くと、中途半端にプリントなどの課題を学校から出されると
家庭でやっている教育のペースが狂ってしまう。

またプリントの配布や提出に、その度学校に行かなくてはならないのは
時間を取られてしまい、面倒だし生活や子供の教育のペースを乱されるというのだ。

現在、教育は家庭が主になっているわけだから、
学校はプリントなどの余計な課題を課すのは止めてほしいというのが正直なところのようだ。


これについては、同じように感じている保護者の方が多いのではないでしょうか。
また、兄弟の人数が多かったり、仕事で時間が取られる場合は、なおさらでしょう。

現在は家庭が学習の主になっているわけですから、
主(家庭)の方に、この勉強見てあげて、教えておいてくださいと補助(学校)の方が
指示しているわけだから変なのだ。


普段であれば、家庭が学校の先生に、授業でこれを教えておいてくださいと課題を
出しているのといっしょのことだ。そんなことしないでしょ。

そう考えると、長期休校中に、学校がたくさんの課題を出すのは妙だと思うのです。

〇学習を独自に進められる家庭は任せておいたほうがよいのでは

これは個別の学校や教師の判断することではないかもしれないが、
学習の主が家庭になっている現状においては、学習を独自に進められる家庭については
学校は教育に余計な介入をせず家庭の教育力に頼ったほうがよいのではないでしょうか


〇学校で教育してほしいというニーズの高い家庭。子供を優先したほうがよいのでは

一方、供の教育まで見きれない家庭や親が勉強を見てあげることができない子供
を最優先に学校は対応したほうがよいのではないでしょうか

もちろんプリントをたくさん出すという意味ではなく、
登校を優先してもらう、とか学校の施設の利用やネット端末の仕様や貸し出しを優先する
といったことを優先することが必要だと思います。

こういうところで、公立の学校は一律の対応にこだわる必要はないのではないかと思います。
家庭で教育をする場合は家庭にまかせる。
家庭で教育やりきれない。学校で教育してほしいというニーズの高い子供を優先する。
その方が、ニーズに合致しているのではないでしょうか。


twitterも見てね
https://twitter.com/kubo8tooru

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

子育て情報ランキング