●オーケストラの小中学校での演奏活動

仙台フィルや演奏者の方のツイッターを見ていたら、仙台クラッシックフェスティバルの翌週から、仙台フィルはさっそく地方の小学校の演奏会に出かけていました。(仙台も地方ですが)
orchestra-3352465_1280
(写真はオーケストラの参考写真)

仙台フィルの年間の公演スケジュールを見てみたら、地方の小中学校の体育館に年間でかなりの日数、演奏にでかけているようです。これは、文化庁の文化芸術による子供育成事業の一環のようで仙台フイル以外の全国の交響楽団も実施しているようです。

プロの交響楽団の多くは、Jリーグのチームがあるぐらいの大きな都市にしかありません。そのためそれより小さい町に住んでいる子供たちは、プロの交響楽団の演奏を聴く機会はなかなか無さそうです。

そう考えると、プロの交響楽団が学校の体育館に来てくれて、演奏を聴くことができる子供たちは本当にラッキーです。

学校関係者以外の一般の大人にはあまり気が付かれることはありませんが出かけて行く演奏者やスタッフのみなさんはとても意義のある仕事をされていると思います。拍手

思い出してみると、私の通った小学校の木造の体育館にも昔オーケストラのみなさんが演奏に来たなー。何の曲を聴いたかは覚えていないが、見た記憶の映像は未だに残っています。

きっとリアルな演奏を聴いた子供たちは、そこでしかできない新しい発見や体験をしているのでしょう。みんなが楽器を始めるわけではありませんが、それぞれ何らかの影響を受けて、どこかで人生を豊かにしていくことでしょう。

そういう意味では、実際に演奏を聴くことができた子供はラッキーです。しかし小学校のうちにオーケストラの演奏を聴くことの無い子供もたくさんいるでしょう。でも、全国のプロのオーケストラのみなさんがどんなに頑張っても楽団の数は限られていますから全国の学校全てを回ることはできないでしょう。これは物理的な制約がやるのでやむを得ないことです。

●親が子供をオーケストラの演奏に連れて行ってあげるのもよいのでは

全国各地でオーケストラの公演が開催されていますからできれば一度でも親が子供を連れて行ってあげたいものです。子供が一度でもリアルの体験をしておくことはとても意義のあることだと思います。

オーケストラの無い町に住んでいたら、大きな都市の遊園地やスポーツ観戦にでかけるのもよいですが、たまにはオーケストラの鑑賞に出かけてみるとか。演奏会を旅行のスケジュールに入れるといった工夫をしてみるのもよいのではないでしょうか。もちろん親自身も楽しめますし。また子供が参加しやすいようなお手軽料金を設定しているコンサートも多いようです。

これは子供だけではどうにもならないことで、親の考え次第のところがあります。
読んだ方はぜひこんなプランも検討されたらいかがでしょうか。気が付かないだけで探してみると意外と出かけられるところでオーケストラの公演があったりします。

twitterはこちら https://twitter.com/kubo8tooru

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
子育て情報ランキング