苫米地式コーチング認定コーチ クボトオル「苫米地英人博士の子育て本をやってみた」 おとうちゃんと貝を愛する息子のブログ

苫米地式コーチング認定コーチ クボトオル。息子が生まれた頃、苫米地英人博士の「脳のちからを無限に引き出す幼児教育」の本に出会い、活用して子育てを実践してきました。この本は最先端の脳機能科学、認知心理学等の認知科学の成果を盛り込んだ苫米地式コーチングを構築された苫米地英人博士が書いたコーチングのノウハウが組み込まれた幼児教育、子育ての本です。 息子は、2019年現在9歳になり、すくすくとすごい人に育っています。 すごいと言っても、なにがすごいのか説明しようがありません。 なんだかわからないが、ともかくすごいとしか言いようがありません。 そのため、この教育法をやって、〇〇大学に入ったとか、スポーツ選手になったとかいう、わかりやすい話はありません。それを目的にもしていません。 我が家の子育ての実践記録が、苫米地博士の子育て本に興味のある方の参考になるのではないかと思いブログをスタートすることにしました。おとうちゃんは、その後さらにコーチング理論を本格的に学び現在は苫米地式コーチング認定コーチです。 ブログを始める話を息子にしたら、自分もやりたいというので、本人がやりたい間は 時々参加してもらうことにしました。息子は、貝や魚やヘビなどが好きで いろんな生き物の紹介をしたいそうです。

2020年04月

学校の9月新学期への変更の議論が盛り上がってきました。県知事や政党からの提案もあり国政レベルでも選択肢の一つとして検討を始めています。私は9月新学期について賛成しています。その理由については、こちらのブログ記事です。よろしければご覧ください。こちらの記事で ...

コロナウイルスの影響の長期化も視野に入れた対応の検討も必要では新型コロナウイルスの影響で、私の息子が通っている小学校も休校が続いています。感染拡大が早期に収束して、学校再開するのが望ましいのですが、ハーバード大学の研究チームが「2022年まで社会的距離を取る ...

町やオフィスから人が減っている今。気が付く日本の仕組み新型コロナウイルスの感染拡大防止のための緊急事態宣言を受けて東京を中心とした大都市。そして地方の都市も人移動を最小限にしようとしています。実際に電車や町、商業施設にいる人も少なくなっています。オフィス ...

小4の息子は凝り性みたい息子は、昨年の秋に、仙台クラッシクフェスティバルの演奏を聞いた。その時からバイオリンに熱中しはじめた。演奏もしたいらしいので、バイオリン教室にも通い始めた。一番興味を持ったのはバイオリン本体だ。秋から冬にかけて、紙でバイオリンをたく ...

人類史の大半で最大の脅威は感染症だった2020年4月現在。世界中で新型コロナウィルスの感染が猛威をふるっている。スティーブン・ピンガー氏の「21世紀の啓蒙」を読み返してみたら人類の感染症との闘いについての記述があった。21世紀の啓蒙 上: 理性、科学、ヒューマニズム ...

新型コロナウィルスの影響による不安な気持ち2020年4月現在、新型コロナウィルスが世界的にさらに感染拡大していくか収束が見えてくるのか不透明な状況です。世界の経済活動や社会生活についても多かれ少なかれ影響は免れないでしょう。自分や家族が感染するかもしれない。も ...

小3の息子は、半年ぐらい前から旅客機のハンドクラフトをたくさん作っていた。自分で作って喜んでいたが、量産するようになったので、友達にあげたりしていた。機体の立体感がけっこうリアルなのだ。こんな感じで大量に作られた。旅客機の図鑑や本が好き半年くらい前から、図 ...

↑このページのトップヘ