苫米地式コーチング認定コーチ クボトオル「苫米地英人博士の子育て本をやってみた」 おとうちゃんと貝を愛する息子のブログ

苫米地式コーチング認定コーチ クボトオル。息子が生まれた頃、苫米地英人博士の「脳のちからを無限に引き出す幼児教育」の本に出会い、活用して子育てを実践してきました。この本は最先端の脳機能科学、認知心理学等の認知科学の成果を盛り込んだ苫米地式コーチングを構築された苫米地英人博士が書いたコーチングのノウハウが組み込まれた幼児教育、子育ての本です。 息子は、2019年現在9歳になり、すくすくとすごい人に育っています。 すごいと言っても、なにがすごいのか説明しようがありません。 なんだかわからないが、ともかくすごいとしか言いようがありません。 そのため、この教育法をやって、〇〇大学に入ったとか、スポーツ選手になったとかいう、わかりやすい話はありません。それを目的にもしていません。 我が家の子育ての実践記録が、苫米地博士の子育て本に興味のある方の参考になるのではないかと思いブログをスタートすることにしました。おとうちゃんは、その後さらにコーチング理論を本格的に学び現在は苫米地式コーチング認定コーチです。 ブログを始める話を息子にしたら、自分もやりたいというので、本人がやりたい間は 時々参加してもらうことにしました。息子は、貝や魚やヘビなどが好きで いろんな生き物の紹介をしたいそうです。

2019年07月

●息子の習い事息子はこれまでいろいろな習いごとをやった。長続きしたものもあるし、すぐに飽きてやめてしまったものもある。〇ピアノ (5歳から約3年。継続中)〇サッカー(6歳から約1年半。やめた。サッカーのやり方や技術指導をしてくれる教室)〇造形教室(6歳から約2年。継 ...

息子の自由帳を見せてもらったら、いろいろ落書きがしてあっておもしろい。ブログにのせていいか本人に聞いたら、いいよと言っていたので、少しご紹介します。息子のノートに描かれていたものです。学校にいる時に描くらしいので、図鑑を見て描くわけではなく、頭の中のイメ ...

●息子が魚が釣れる港を学校で聞きつけてきた息子8歳は、小さい頃から魚が好きだった。魚釣りにも興味があって、マグロ釣りやカツオの一本釣りとかいった動画をユーチューブで見ていた。そのため、自分自身でも釣りをしたいと思っていたらしい。妻によると、前から釣りに行き ...

●苫米地英人博士の本によく出てくるキーワード 「抽象度」苫米地博士の著書の中では、「抽象度」という言葉が必ずといってよいほど、よく出てきます。「抽象度」という 日本語自体が、苫米地博士が使うようになって、日本で広まった言葉と言われています。苫米地博士の様 ...

どちらが「カレイ」どちらが「ヒラメ」でしょうか。写真の上が、カレイ。写真の右がヒラメ。らしい。左向きと右向きでおおよそ見分けがつくらしいが、本当は、それだけで必ず見分けられるわけではないらしい。魚好きの息子が、100円ショップの紙とかを使ってカレイとヒラメを ...

●苫米地博士が推奨していた子供の勉強法苫米地博士はご自身の経験もふまえて、こんな勉強方法を推奨していました。学校の勉強の効果的なやり方として、学年が始まる時に教科書をもらったら、最初に一回全部読んでしまうのだそうです。読んでも、理解できなかったり分からな ...

●息子 リュウグウオキナエビスをゲットするためにいろいろ考えた。ブログの題にもなっているのですが、息子(8歳)は貝が好きだ。どれだけ貝が好きなのかは、こちらの記事をごらんください。貝を愛する息子リュウグウオキナエビスをゲットするぞhttp://okinaebisu.livedoor.b ...

↑このページのトップヘ