南アルプスの山麓の山梨県北杜市。
某有名飲料メーカーの南アルプスから取れる水の工場のある市だ。
水を全国に販売しているほど水源があるわけですから、南アルプスからの
水の流れが豊富な場所だ。

その山梨県北杜市に、南アルプスから流れてくる自然の川を利用して水遊びできる
場所がある。

尾白の森名水公園だ。

尾白の森名水公園のサイト
https://www.verga.jp/park/

「べるが」という山の森林と尾白川に囲まれた敷地内で自然の体験を楽しめる、
レストラン・BBQ場・宿泊棟・キャンプ場・公園などがある複合施設だ。

CIMG1564

写真は、この公園の中を通っている尾白川の滝だ。
ここから下流にかけて、整備されていて、水遊びかできるようになっている。
ちょっとしたウォータースライダーもある。

南アルプスから流れてくる川なので、水はとってもきれいだ。

昨年の夏もここで遊んだのですが、息子がまた行きたいというので今年も行ってきた。
この日は、暑かったので子供を連れた方がたくさんきていました。

CIMG1561 (2)
写真を見るだけでも涼しいですが、滝の近くは細かな水しぶきが飛んでくるので
かなり涼しい。 滝の近くで涼んでいる人もいる。

CIMG1572
息子は、滝の脇で、池とかダムを作って遊んでいた。

公園として整備されているので、川の他にも遊ぶところがある。
ニジマスのつかみ取りもできる。
CIMG1537
池で「ニジマスのつかみ取り」をしている写真。

つかみ取りしたニジマスは、その場で焼いて食べることができる。
自然の中で食べるとけっこうおいしい。

息子は、昨年は、ニジマスを捕まえるのに苦労していたが、今年はすんなり
捕まえていた。今年海に、魚釣りに行ったり、さばいたりしているので
だいぶ魚の扱いが上手になったみたいだ。
1年でだいぶ成長したなーと思った。

森の中にあるので、虫もその辺にいるが、昨年は「ナナフシ」という
木の枝に擬態する虫を息子は見つけて喜んでいました。
擬態するので、簡単には見つからないのですが、たまたま見つけました。

601e391403b335608f51b0c31edec4a2_s
(こちらはナナフシを紹介するための引用写真です)

苫米地博士の著書「脳の力を無限に引き出す幼児教育」には次のように
述べられています。

もしあなたの子供が、生まれてからずっと都会で育っているなら、森や川に
連れて行くのは脳の発育に効果的です。理由は単純で、「あなたの子供は森や
川で味わうことができる感覚を知らないから、体験させてあげる」という目的以外に
ありません。(中略)


森や川には、都会にない情報(木々の色や形、川のせせらぎの音、木の実や味、
植物や土の匂い、清流の冷たさや木の肌の感触)があるから、それを脳に体験
させるために森や川に行くのです。


このように森や川に行く効果が述べられています。
こちらの公園は、南アルプスの大自然の懐ですが、けっこう手軽に楽しめるので
自然を体験するにはちょうどよいかもしれません。



0歳から5歳の幼児教育
苫米地英人
コグニティブリサーチラボ株式会社
2015-08-30


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
子育て情報ランキング